Devlion Memo

どことなくそれっぽい新卒の日記

Prometheusの長期ストレージメモ

Prometheusを使うに当たって、長期ストレージについて調査をしたのでそのメモ。

Prometheus v2

Prometheus v2では、Remote Long-Term Storageのサポートがされている。以下のストレージを選択可能。

AppOptics: write
Chronix: write
Cortex: read and write
CrateDB: read and write
Elasticsearch: write
Gnocchi: write
Graphite: write
InfluxDB: read and write
IRONdb: read and write
M3DB: read and write
OpenTSDB: write
PostgreSQL/TimescaleDB: read and write
SignalFx: write

https://prometheus.io/docs/operating/integrations/

Thanos

Thanosは、Prometheusのサイドカーとして動作し、長期ストレージ、クエリの高可用性、ストレージの最適化などを行ってくれるミドルウェア

既存のPrometheusにサイドカーを付け足せば良いため、運用後導入することも可能。

Thanosは複数のコンポーネントから構成され、Sidecar、Store、Query、Rule、Compactorが存在する。

実際の収集はPrometheusが行い、それをSidecarを通してStoreコンポーネントが永続化を行う。

クエリ発行時はQueryコンポーネントがStoreコンポーネントに問い合わせる形でメトリクスを返す。

Compactorは永続化ストレージ上のデータのコンパクションを行う。

RuleはPrometheusのruleなどを分散管理するコンポーネントなのだが、仕組み上実験的なものとなっている。そのため、プロダクションで使用する際にはRuleコンポーネントを使わずに、各Prometheusに個別にRuleを定義し、管理することが推奨されている。

コンポーネントはgossipプロトコルを通してゆるふわに繋がるので、共通のserviceに繋げれば特に設定はいらない。

導入はとても楽であるが、Prometheus詳しい人に聞くと、口を揃えて「良さそうだけど、まだ微妙」みたいな意見が聞ける。