Devlion Memo

どことなくそれっぽい新卒の日記

2018年買ってよかったもの

年の瀬なので2018年に購入したものの中で、買ってよかったものをまとめてみた。

1位. ミラーボール

友人との会話の中でふざけて購入したミラーボールが思いのほか生活に潤いを与えてくれている。
このミラーボールは音に反応して光る機能があり、通常は流れている音楽のテンポに合わせて光らせる用途に使うらしいのだが、この機能が思いのほか日常生活で役立つ。
使い方としては、部屋の天井に装着し、音楽に合わせて光るモードを常にONにしておく。
例えば、友人を部屋に招いておしゃべりをするとき、話が盛り上がり、笑い声が出る。すると笑い声に反応してミラーボールが回りだす。それを見て笑いが止まらなくなる。ミラーボールは回り続ける。死ぬほど笑える。
意外性も高いため、今年1位。

2位. Surface Pro 6

今まで使っていたXiaomi Notebook Air 13を友人に売り、Surface Pro 6を購入した。ラップトップとしても、タブレット端末としても使える2-in-1。これを購入して家での過ごし方が変わった。
今までは、机にラップトップを置いておき、プログラミングなどの作業をする場合は机に向かう、机に向かうのに飽きたらソファーに座りスマホを触る、という過ごし方をしていたのだが、これがすべてSurfaceに置き換わった。
SurfaceはTypeCoverを外せばタブレット端末として使えるため、机から離れるときはTypeCoverさえ外せば自由に持ち運ぶことができる。
例えば、プログラムを書いていてビルド待ちの間TypeCoverを外し、ソファーに寝転がってビルドの進捗を確認しながらYoutubeを眺める、などといったことができるようになった。
性能も、i7 8650U 1.9~2.11GHz、メモリ16GB、SSD 512GBと通常のラップトップPCとしても申し分ない。
また、スピーカーも疑似サラウンドに対応していたり、ディスプレイの発色が良かったり、マルチメディアを楽しむうえでも十分なスペックがあると思う。
Surface Pencilは要らない。自分のような字が下手で絵も描けない人はミミズの絵を量産して飽きる。

3位. Qi充電器

充電が遅そう、劣化しそうなどのイメージがあったため使ってこなかったQi充電器だが、試しに使ってみたところ完全にハマった。普段使ってるのはiPhoneとAppleWatchを同時に充電できるタイプの充電器。
現在はオフィスと家にひとつづつ置くことで、充電ケーブルを持ち歩かない生活を送っている。ケーブルがないだけでデスク上も持ち物もかなりすっきりした。

4位. Philips Wake-Up Light

光で目を覚ましてくれる目覚まし時計。物は試しと思って買ってみたが、iPhoneのアラームで起きる2倍は目覚めが良い。
この目覚ましは、設定時刻の30分ほど前からゆっくりと明るくなっていく。この光によって半分覚醒している状態で設定時刻を迎えることができる。
設定時刻になると、鳥のさえずりの音声が流れだし、徐々に音量が大きくなっていく。 とはいえかなり小さい音、初めはこの音量じゃ起きれないだろと思っていたが、半分覚醒している状態のためこの音量でも十分起きることができた。起きれなかったことは一度もない。(ただし起きれても遅刻はする)
iPhoneのアラーム、強引に覚醒させるため、実はかなり健康に良くないんじゃないかと思うようになった。

5位. NILS

Kickstarterのプロジェクトだが、腕に取り付けることのできる充電ケーブル。
Qiで充電ケーブルを持ち運ばない生活を手に入れることはできたが、終電逃してネカフェなど、いざというときにUSBポートはあるのに充電できないという事態がたまに起こる。
そういう場合の対応策として、普段はアクセサリとして腕に装着しておき、いざというときに充電ケーブルとして使用することができるNILSを購入した。

www.kickstarter.com

今年もお世話になりました。